福岡で中小企業専門の税理士を探す必要性は?

福岡で中小企業を経営されている方も多くいますが、実は税理士の主な顧問先は中小企業・小規模企業と言われているのです。
また税理士は、税務に関する専門家だけではなくて、会計に関する専門家でもあるので、経営者の約7割は顧問税理士などを経営問題の相談相手と考えているのです。
福岡でも金融と経営支援の担い手としての役割を期待して、中小企業専門の税理士に相談・依頼を検討している経営者もいると考えられます。

では具体的に中小企業専門の税理士が実施してくれることには、どのような内容があるのでしょうか?
1つ目には、中小企業の会計に関する指針、中小企業の会計に関する基本要領に基づく会計帳簿や計算書類などの作成、会計参与への就任と言った財務支援があります。
2つ目は、会社の経営状況の分析や事業計画の策定に対するサポート、経営革新等支援機関による経営改善支援といった経営支援もあるのです。
3つ目は、関係機関などに対する中小企業支援税制の周知や活用、また付随した税制改正要望の提言といった税制支援もあります。
4つ目は、金融機関などとの友好的な信頼関係の構築をサポートする金融支援があります。

この中でも、特に福岡で中小企業を経営する経営者にとって、資金調達支援という面は大きな意味を持つものです。
それから資金調達支援は、税理士以外にも専門家がいて、例えば中小企業診断士などのコンサルタントや行政書士も、資金調達に関するサービスを提供しています。
そんな中で中小企業専門の税理士に依頼する必要は何なのかというと、先にも触れましたが会計の専門家という強みを持っているからです。

実は、金融機関に提出する財務関係資料の信用度については、他の専門家が関与したケースより税理士が関与した場合の方が高くて、金融機関に対する信用面で税理士は有利に立てるのです。
また中小企業専門の税理士と継続的な関係を結んでいることで、資金調達支援が必要になった時に迅速に対応してくれて、他の専門家に対してスピード面で有利になるのです。
このように、信用とスピードで他の専門家より強みを税理士は持っているので資金調達支援で優位になるのです。