合同会社はアルバイトを雇える?

会社設立

・合同会社でアルバイト採用は可能?
合同会社は出資者がいわゆる「業務執行社員」となり、会社を運営していく仕組みになっています。
業務執行社員はいわゆる会社の役員のことで、代表取締役にあたるのが代表社員です。
業務執行社員と代表社員によって、会社の重要な決定が行われるのが合同会社の特徴となっています。
株式会社で言うところの役員は、合同会社で言うところの出資者であり業務執行社員ということになるのですが、合同会社は、出資者以外に一般の社員やアルバイトを雇うことはできるのでしょうか?

・合同会社でアルバイトを雇えるの?
仕組みが特殊な合同会社ですが、株式会社と同じようにアルバイトを雇うことはできます。
合同会社は業務執行社員が、いわゆる「社員」と言う立場を意味しています。
この社員になるには、一定額を会社に出資して、定款に氏名と出資した資金の価額を新たに記載しなければなりません。
アルバイトの場合は、出資の必要も定款の変更の必要もありませんので、株式会社と同じように普通に雇うことができます。
注意したいのは、合同会社という社員と、世間一般で言う社員とは意味が違うということです。
合同会社の社員というのは、いわゆる会社役員のことを意味しており、世間一般でいう従業員としての社員とは違います。
そのため合同会社でも、出資金を出さない従業員としての社員を、雇うことは可能となっています。
この辺りが少し複雑なポイントですので、専門家に相談をしながら従業員を雇うようにしましょう。

・合同会社の意思決定権は誰にあるの?
合同会社は先ほども説明した通り、業務執行社員が会社の経営権を持っているということになるのですが、複数人いる場合は、会社の舵取りが混乱してしまいますので、代表者を決めることになります。
この代表者のことを代表社員と言います。
基本的にはこの代表社員を筆頭に、会社を陣頭指揮していくことになるわけです。

・社会保険加入について
アルバイトを雇う場合は、社会保険にきちんと加入しなければなりません。
これは法人の義務であり、例え一人で会社を運営する場合にも、自分に対して社会保険を加入しなければならない決まりとなっています。
ちなみに社会保険料は、当然会社が半分負担しなければなりません。

・合同会社は派遣をお願いすることはできる?
人件費コストを浮かすためには、会社の経営自体は自分一人で行い、外部から人材を派遣してもらうという方法もあります。
この場合は直接的な雇用には当たりませんので、会社に出資する必要なく雇うことができます。